カリキュラム紹介


PC訓練(Word・Excel)
報告書や資料の作成など、現代の日本では、ほとんどの会社で業務にWordやExcelが用いられています。
もちろんパソコンを使わない仕事もたくさんありますが、パソコンのスキルが身についていると、就職を考えていく上で職業選択の幅を広げてくれます。
就職を目指していくにあたって、より多くの選択肢から自分の職業適性に合った仕事を見つけていただけるように、プラーナ新宿ではご本人のレベルに合わせ、テキストを用いた訓練(トレーニング)を行っております。
個別にテキストを進めていく形式のため、無理に周りに合わせることなく、自分のペースで習得していくことができます。
コミュニケーション・グループワーク
今、障がい者雇用をおこなっている企業の採用担当者は『コミュニケーション』をしっかり取れる人材をとても強く求めています。
社会人であれば出来て当然とされる『報告・連絡・相談』や、良好で円滑な人間関係を構築する基本である、きちんとした挨拶やお礼……
これらはいざ必要となった時に、その場でやろうとしても、いきなりできるようにはなりません。日頃から意識的に行ない、習慣付けしていくことで。少しずつ身に付いていくものです。
いざ就職してから困らないためにも、プラーナ新宿では、コミュニケーションの重要性を理解していただき、慣れていただくために専用のカリキュラムを組んでおります。

03

06
ストレスケア
現代の日本はストレス社会と言われています。ストレスによる体調不良やうつ病などの発症。
そして、そういった理由からの休職や退職といった問題は、年々大きくなっています。
安定した就労を続けていくためには、自分のストレスを上手くコントロールすることが重要となってきています。
ストレスケアのカリキュラムでは、ストレスとはなにかを理解し、自分に合ったストレスの対処する方法を学んでいただいてます。
基本的にはレクチャー形式ですが、場面を想定して皆でどのようにストレスに対処すると良いのかをグループで話し合ってみるなど、習得したことを実際に活用できるようなカリキュラムとなっております。
ビジネスマナー・就労講座
社会人として、身に付けておかなければならないマナーや常識を学んでいただきます。
このカリキュラムは、ただレクチャー形式で行なうだけではありません。
ビジネスマナーは、習得したことを実際にロールプレイでやってみる、就労講座では就職活動・就職直後に必要な知識や対応方法などを身につける。 ……など、学んだことを単なる知識に留めてしまうのではなく、実際に必要となった場面で、それらを活かせるようなカリキュラムを組んでおります

イラスト ビジネスマナー
WRAP
ここでのWRAPとは元気回復行動プランのことです。プラーナ新宿のスタッフには、研修を受けたWRAPのファシリテーターが活躍しています。きっと、皆さんの元気を取り戻すための手助けとなり、就労に向かっていけます。
プレゼンテーション
就職前には、必ず面接といったハードルを通る必要があります。このために、自己アピールするプレゼンテーション能力をつけていただきます。もちろん、就職後にも会議などで、各種プレゼンテーションを行うことにも役立ちます。
ビジネスシミュレーション
ビジネスシミュレーションは、主にデータ入力など、パソコンを使った作業を、実際にオフィスでの仕事だと想定して行なっていただきます。

色々な作業を実際に体験していただくことで、
「自分自身の職業適性を自覚していただいたり、得意な作業を見つけていただくこと」
「他の利用者さんたちと協力してひとつの作業に取り組むこと」
「決められた時間の中で集中力を切らさずに作業を続けられるようになること」
……などが、ビジネスシミュレーションの目的となっています。

就労基礎訓練
このカリキュラムでは職場での繰り返し作業を想定して、漢字の読み書き、単純な計算を繰り返し行います。繰り返していくことにより、脳が活性化され、作業能率や生活といったことが向上してきます。また、書類の提出方法や上司との会話といったビジネスマナーをロールプレイでき、さらに仕事の精度向上にも効果的です。